TEL 03-5285-5039
【お問い合わせ専用ダイヤル】平日9:00~18:00

お見積もり依頼 お問い合わせ・ご相談

TOP > メディカル・バイオ物流関連情報ブログ

メディカル・バイオ物流
関連情報ブログ

2021.07.07

研究機関・大学における生体試料の輸送に関するガイダンス

感染性のある生体試料・検体の輸送に関して、過去のブログでWHOのガイダンスUSDOT(United States Department of Transportation:米国運輸省)のガイドを取り上げました。今回は、こうした文書を受けて実際に研究機関や大学がどのような取り扱いを行っているのか、ハーバード大学を例にご紹介します。

ハーバード大学では、ガイダンス文書として「Transport of Biological Materials, Infectious Substances and Dry Ice」を公開しています。この文書には、IATA(International Air Transport Association:国際航空運送協会)やUSDOTが規定するトレーニングのほか、適切な梱包を行うことや、発送・受け取り時に確認すべきことが記されています。

輸送については、公共交通機関をはじめ、UberやLyftなどの配車サービスの利用を禁止しています。自家用車や大学の車は推奨しないものの、場合によっては許可するとし、タクシーは運転手に拒否権がある前提で自分自身が同乗すれば可能としています。さらに、きちんと梱包していれば医療用宅配便の利用は選択肢となり得るなど、米国の交通・運輸状況を推察できる記載もありました。

ご参考になりましたら幸いです。

検体輸送治験薬配送その他メディカルバイオ分野の物流に関するお困りごとはございませんか?
専門の知識やノウハウを持つセルートのスタッフがお客様のお悩みやご要望にお応えいたします。
お気軽にお問い合わせください。

[リモートでのお打ち合わせも可能です]

お見積もり依頼 お問い合わせ・ご相談

TEL 03-5285-5039 【お問い合わせ専用ダイヤル】平日9:00~18:00

PAGE TOP